無担保

無担保

ローンには、担保の必要なものと、必要でないもの(無担保)の2種類がありますが、無担保のほうが担保が必要なローンよりも一般的といえます。
担保の必要のないローンのことを無担保ローンと呼び、住宅ローン以外のほとんどのローンにこの無担保ローンが採用されています。
つまり、教育ローン、自動車ローンなどの借りたお金の使いみちが決まっているローンや、借りたお金の使いみちが決まっていないローンも、この無担保ローンであることが一般的となっています。
ただし、中には、有担保ローンのものもあるため、事前によくローン形態を確認しておくことが大切です。
無担保ローンは担保を提供せずに済むため、手軽で借りやすいメリットのあるローン形態です。
ただし、その分、有担保ローンよりも、金利が高く、借り入れ金額が低くなりがちなデメリットもあります。
担保が必要でも構わない……といった人にとっては、有担保ローンの方がメリットが大きいといえるかもしれません。
無担保ローンには、たとえば自動車ローンがあります。
自動車は製品によってはかなり高額な買い物となるため、銀行、信用金庫、信販会社、損害保険会社などでローンを提供しています。
新車、中古問わないローン、中古限定のローンなどがあります。

    Copyright(C) 計画的なローンを組むために All Rights Reserved.