担保

担保

ローンには、担保が必要なものと、必要でないものの2種類があります。
担保は借りたお金と利息分を返済できなくなったときの保険として、あらかじめ担保に設定した金銭価値のあるものを差し出す契約です。
お金を借りるということは、貸す側にもリスクを与えるということであり、必要なだけの額を返済しない(できない)という債務者も、残念ながら多くいらっしゃいます。
そういったリスクを軽減するために、債務者の所有している金銭価値のあるものによる返済を約束しておくのです。
担保が必要なローンは、有担保ローンと呼ばれ、主に住宅ローンで用いられます。
住宅ローンの場合、ローンによって購入した住宅物件そのものが担保となります。
つまり、住宅ローンの返済ができなくなったときは、住宅自体が差し押さえられてしまうわけです。
そして差し押さえられた住宅物件はオークションにかけられ、その売上がローン返済に充てられます。
担保は借入額に見合うものでないと意味がありません。
そのため、借入額と見合う金銭価値のあるものを所有していない場合は有担保ローンの審査を通らない可能性があります。
有担保ローンは担保を提供するという優位性があるため、金利が低かったり、借り入れ金額が大きかったりするメリットがあります。

    Copyright(C) 計画的なローンを組むために All Rights Reserved.